辻調理レシピ ぶりの照り焼き

 

樋口さん  醤油:みりん:酒:砂糖→2:2:2:1 塩振り+小麦粉

 

野崎洋行さん 小麦粉あり

 

 

小麦粉をつけるメリット

  • ふっくらと仕上がる(水分が逃げない)。
  • 型崩れしにくくなる。
  • 焼き色がつきやすくなる。
  • タレにとろみがつきやすくなる。

 

作り方 ※ムニエルとほぼ同じ

  • 両面に酒→塩を振り10分おき拭く。
  • 小麦粉をまぶす。(皮にはつけない)
  • 表面が下になるように中火で焼き色をつける。
  • 裏面は弱火でゆっくりと火を通す。(ふたはしない)
  • 油を拭き取り、タレの調味料をいれる。
  • 弱火で煮詰め照りが出たらOK。

 

タレはどのレシピも醤油:みりん:酒:砂糖→2:2:2:1

 

実践記録

●11/7

  • ぶり3匹、小麦粉あり、酒・塩で下処理。
  • 皮にも小麦粉をはたいたが、特に問題なし。
  • タレを煮詰めると、ちょうどよい少しのトロミと塩加減になった。