基本調理技術

中華料理の専門店では、炒め物を作るときに下加熱を行うのが常識です。特に、中華の炒め物で欠かせない「油通し」には多くのメリットがある為、可能であればぜひ家庭でも取り入れて、ワンランク上の炒め物を作りたいものです。そこで、当ページでは、一般的な下加熱方法と、プロが実践している「油通し」のテクニックを家庭向けにアレンジした手法「油湯通し」をご紹介します。自宅で本格中華を作ってみたい方は、ぜひ参考にしてく...

野菜炒めは家庭料理の定番でありながら、作る人によって美味しさに差が結構出ます。というのも、野菜炒めを美味しく作るには、気を付けるべきポイントがいくつかある為です。当ページでは、炒め物を日々頻繁に作っている給食調理員としての立場から家庭でも野菜炒めを美味しく作る為のポイントをご紹介します。また、参考までに「炒める」という調理法についても掘り下げておきましたので、気になる方は目を通して頂けると幸いです...

豚肉の数ある部位の中でも、ポークステーキや豚カツなど豚肉の味をより味わえるのが「ロース」です。ただ、ロース肉を美味しく調理する為には、下処理や加熱調理時にいくつか覚えておくべきポイントがあります。今回は、それらのポイントについて、詳しく解説したいと思います。(^ ^):目次: 1: 下処理時の3つの注意点  @ 加熱する前に室温に戻しておく  A 筋繊維を断ち切っておく  B 塩を振って肉を引き締...

肉と魚、どちらを加熱調理する場合でも、塩を振ることは常識となっていますが、「そもそも何で塩を振る必要があるのか?塩を振る最適なタイミングはいつか?」といった疑問に、正確に答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか。ここでは、肉と魚に塩を振る理由、また塩を振るタイミングについて詳しく解説したいと思います。(^ ^)style="display:block"data-ad-client="ca-p...

社員食堂をはじめとする集団調理の現場では、使う肉はリーズナブルな外国産のモノが圧倒的に多い為、うまく調理しないと硬くパサパサで全然美味しくありません。とは言え、一度に大量の肉を調理するのですから、あまり手間暇のかかる下処理をする訳にもいきません。そこで、管理人が実践しているのがレモン汁とオリーブオイルを使ったマリネです。パサつきやすい鶏肉のソテーや、硬くなりやすいビーフステーキなどの下処理でマリネ...